種類によって業者印刷を選ぶ!特に専門業者を活用したい分野3選

特殊な形だからこそ特化されている名刺

名刺は日本の社会人においては必ず必要なものであり、就職や転職、部署異動などの様々な場面で作り直す必要があります。かなりの枚数を必要とすることからも業者に依頼して印刷することで大幅に労力を下げることができます。テンプレートに従った作成であれば安価に印刷してもらえるだけでなく、名前や所属等の必要情報を伝えることでレイアウトまで行ってもらえるのでほとんど労力をかけることなくすぐに名刺を手に入れることが可能です。

形を整える必要がある冊子印刷

印刷物の中でもただ紙に印刷するだけでなく、数枚から数十枚の紙を整った形で印刷しなければならないのが冊子印刷です。これを自前で行おうとすると印刷機の精度によってはあまり整わないというリスクを抱えることになります。製本作業が必要になることからも冊子印刷には労力がかかり、特に会社等で行おうとすると人件費の面からあまり理想的ではありません。こういった精度と労力を要するものだからこそ業者依頼による印刷が便利です。

とにかく大量に必要になるビラ印刷

新装開店や特売などの様々な場面で広告に使われるのがビラです。ビラはとにかく大量に印刷する必要があり、紙の質もそれほど高いものは必要としません。会社や家庭でも印刷を行うことができますが、時間がかかることもあってその他の目的でコピー機を利用したいというときに支障が生まれることになってしまいます。ビラのためだけに品質を落とした用紙を準備するのもかえってコストがかかってしまうこともあるでしょう。そういった観点から大量印刷が必要であるゆえに業者依頼をして印刷してもらうことが得策なのです。

封筒印刷とは、文字通り封筒に印刷する事を指します。会社などで封筒を使う時はロゴや会社名、電話番号を印刷しますとインパクトが違います。