新規事業の展開を迅速に、を実現できる営業代行

営業代行とはどのようなサービスか

少人数で始めたベンチャー企業など、小規模な会社では営業を専門に行うスタッフを確保するのが難しく、一人で営業業務を全て回しているとか社長が開発の陣頭に立ちつつ営業に回っているなんてケースも珍しくはありません。ですが、多くの顧客が必要な商材やサービスを展開する場合には、いくら営業として優秀でも一人では限界があります。また、営業専門の部署があっても、人手が急に必要なことはよくあることです。そういった場合、営業業務の一部、もしくは大部分を外注サービスとして請け負ってくれるのが営業代行となります。

急速に事業を展開したい時に最適

徐々に販路が増えていけばいい、といった商材などであれば地道にやるという選択もあります。ですが、顧客がある程度ことで訴求力を発揮するようなWebサービスとなるとそうはいきません。例えば、特定の商材について制作側と購買側のマッチングサイトのようなB to B形式のサービスでは、どちら側の企業も多ければ多いほど、相手側に恩恵があります。オンラインショッピングモールのようなB to Cサイトでも、商店が多ければこそ魅力的になります。少しずつ利用事業者が増えるのを待っていたら、既存の顧客も離れていってしまいます。こういった場合には、募集をかけて対応するにしてもすぐに人材が集まるわけでもありませんので、営業チームが丸ごと使える営業代行サービスが有用となるのです。

募集で乗り切った場合、後は?

事前に募集をかけるなどをして営業要員を確保すればいいのでは、と考えられる方もいるでしょう。商材やサービスについての教育は結局必要なのだから一緒ではないかということですね。ですが、新規展開時にこそ必要だった大量の人材を、安定期になった場合にどうするかについても考慮しておかなければなりません。まさか収益が悪化したわけでもないのに解雇してしまう、ということはできないでしょう。そういった条件を盛り込んでの募集をしても人材の確保は難しいです。でも、営業代行であればそういった注文にも対応ができるのです。

営業代行を導入する場合には成功報酬型のサービスを利用することで初期投資に掛かる費用も掛からないので便利です。