いらない機能はオミット!自作で快適パソコンライフ!

メーカーパソコンはいらない機能がいっぱい!

皆さんが持っているパソコン、実は今まで一度も使ったことのないソフトがあるのではないでしょうか。インターネットをするだけのパソコンなのに大容量のメモリやHDD等の記憶媒体がついていたり、高機能なグラフィックボードがついていたりしないでしょうか。一般に家電量販店で売られているパソコンは、あらゆる人に対応できるよういろいろなソフトや機能が入っていることがあります。メーカーパソコンを購入すると、使わないソフトやオーバースペックな機能も一緒に購入することになります。どうせ使わない(必要ない)ものなら、それをなくして安く買いたいと思いますよね。そんなときは、自分に必要なスペックで必要なソフトだけを使えるパソコンを自作しちゃえばいいんです。パソコンに入っているOSも、DSP版のものを購入すれば単体で購入するより安くできます。さらには無料のOSもあるため、OSにかかる費用も抑えることができます。いらないものを省いている分、メーカーパソコンより安くすることもできちゃいます。

実は簡単なパソコンの自作!

「でも、パソコンを自分で作るのって難しいんじゃ…」って思っているあなた!そう、あなたです。実はパソコンの自作は、思っているより難しくないんです。パソコンに必要な部品を個別に買ってきて、組み合わせるなけなんです。そう、プラモデルのようなものです。もちろん、精密な電子部品なので静電気や衝撃に気をつけなければいけませんが、それさえ気をつければ組み立てることは難しくありません。すべての部品は規格に沿って作られているため、つなげる場所も決まっています。書店に行けば、自作パソコンに関する雑誌もあり、丁寧に組み立て手順等を説明してくれています。皆さんが思っているほど、パソコンを自作することは難しくないんです。自分で作ったパソコンなので、愛着もわいてきます。

デメリットを乗り越えて快適パソコンライフ!

パソコンの自作は簡単ですよと言いましたが、気をつけなければいけないこともあります。パソコンは買ってきた部品を組み立てるだけですが、稀に部品同士の相性が悪く動かないことがあります。また、使用している最中に何かしらの原因で動かなくなったときに、メーカーパソコンのように修理に出すことはできません。自力で部品交換や、ソフトの再インストール等をする必要があります。何が起こっても、自己責任で解決することになります。しかし、今はインターネットが発達しているため、解決方法を見つけることは難しくないでしょう。自分のパソコンの使い方に合わせて作っているので、機能的には申し分ないはずです。むしろ、いらないソフトをインストールしないため、パソコンもサクサク動いているかもしれません。パソコンの買い替えは、自作という選択肢もあるのではないでしょうか。

プリント基板設計は、現代ではCADと呼ばれるソフトウェアを使って行うことが多いです。ソフトによっては無料です。